行商情報&メニューバー

EZ工房_02
上の画像をクリックするとホームページが開きます。
------ 行商のお知らせ -----
ハンドメイド市チックチョッキ
8月25日(金)
 10:00~15:00
大塚屋車道店 東口エントランス
-------------------------------
NAFアトリエマーケット Vol.6
9月30日(土) 10:00~17:00
10月1日(日)10:00~17:00
長久手市文化の家 東テラス
-
------ メニューバー -----

2016年8月26日金曜日

ハンズメッセ2016

ハンズメッセ2016へ行きました。
今回のハンズメッセの工具部門は
あまりいい物がありませんでした。

購入したのは
デジタルディプスゲージ 300円
丸ノコ刃 500円
ボアビット45mm 500円
ボアビット60mm 500円


ルーペ 300円 x2
ハケ 120円
どこ太替えバリ 100円
 吸盤 500円 x2

2016年8月15日月曜日

完成した50x50cmキルトフレーム

今回は6種類製作しました。


塗装: ワトコ-ナチュラル

外枠:丸

内枠:角













 塗装: ウレタン-クリア

外枠:角

内枠:丸













 塗装: なし

外枠:丸

内枠:丸














 塗装: ワトコ-ミディアムウォルナット

外枠:丸

内枠:角













 塗装: ワトコ-マホガニー

外枠:角

内枠:丸




















塗装:水性-白

外枠:丸

内枠:角

50x50cmキルトフレームの製作2-8

トンボ(裏板止め)8分と三角吊り金具の取り付け

ストッパー付きの物差しを使い
取り付ける位置の墨線をします。

千枚どうしを使いネジのガイド穴をあけます。

ネジで取り付け完了


2016年8月14日日曜日

50x50cmキルトフレームの製作2-7

中板と裏板の加工
材料は2.5mmのべニア合板です。
元のサイズが910x1820cmなのでBT3100では切断できません。
購入時に46x1820cmにカットしてもらいます。
BT3100ではリップフェンスでカットサイズを決めて切断します。



べニア板は表と裏で仕上がりが異なります。
特に裏はサンディングする必要があります。
1回目は120番を使います。
 2回目は240番です。
角もサンディングします。
サンディングが終わったら濡れたタオルで残っている木粉をふき取ります。

白い塗装は裏板の白でハケ塗りで塗装しました。
塗装の後400番で軽くサンディングします。


2016年8月10日水曜日

50x50cmキルトフレームの製作2-6

オイルステインの塗装

1回目はハケでたっぷりと塗り
 布でふき取り
 1日乾燥

2回目は、布にオイルステインを付けて刷り込みます。
1日乾燥して完成です。

ウレタンクリア塗装は、ハケ塗り
 1日乾燥して400番のペーパーをかけて
2回目の塗装をします。

2016年8月8日月曜日

50x50cmキルトフレームの製作2-5

白の水性塗料を手塗りしてみました。

1回目です。
乾いたらサンディングしてまた塗装します。

1部にサンデイングが不足して塗装面が少し変なので
塗装を剥がし
塗り直しをしました。
2回目
 5回目


2016年8月6日土曜日

50x50cmキルトフレームの製作2-4

ボンドを付けて

クランプして

6時間以上たったらクランプを外して
ベンチクッキーの上に乗せて
120番と240番でサンディング



外枠:丸 内枠:角
外枠:丸 内枠:角

外枠:丸 内枠:丸
後は塗装です。