行商情報&メニューバー

EZ工房_02
上の画像をクリックするとホームページが開きます。
------ 行商のお知らせ -----
ハンドメイド市チックチョッキ
9月25日(月)
 10:00~15:00
大塚屋車道店 東口エントランス
-------------------------------
NAFアトリエマーケット Vol.6
9月30日(土) 10:00~17:00
10月1日(日)10:00~17:00
長久手市文化の家 東テラス
-
------ メニューバー -----

2017年9月11日月曜日

紙バンド用ホイールスタンドの組み立て

紙バンド用ホイールスタンドを使う場合、組み立てが必要です。

全部品
リールの部品

最初にリールから組み立てます。

ガイド棒が付いているクロス板を置いて
もう1枚重ねます。
ガイド棒に塩ビ管を入れます。
紙バンドを入れます。
 上から出ているガイド棒に合わせてクロス板を置きます。
もう1枚置きます。
 ガイド棒にワッシャーを入れて
 蝶ナットで
 しっかり絞めて完成です。

ベース部分を横置きにして
 上から支持棒に合わせてリールをセットします。
セットしたら
ストッパーを付けて完了です。

スタンドを立て使います。



紙バンド用ホイールスタンドの製作 Part3

スタンドの製作します。

スタンドのベース部は
板幅を200mmと400mm にカットして
ドミノで穴をあけて
 ボンドを付けて組み立て
 クランプで固定
 今回のクランプは、東急ハンズのハンズメッセで買った
クランプ(KDS メタルパラレルクランプ 600 )を使いました。
なんでこんなにいいクランプがハンズメッセに出ていたのか?
3本しかなく、価格は、1本1980円でした。

クランプした後に直角が出ているか確認

直角が出ていました。
1晩おいてクランプを外します。

リールを支える板のを作ります。

幅60mmの板を500mmにカット
上部をまるくするため45度カットします。
 つでにベースも45度カット
 45度カット終了

支柱板は、ボール盤で10mmの穴をあけます。
 ベルトサンダーでサンディング
 ベースもサンディング
次には、ディスクサンダーで丸めます。

丸めるとこうなります。

角を手でサンディングします。

支柱板にリールを支持する10mmのボルトを取り付けます。
左側は爪付きナット、右側は板付きナットです。
 ベースに支柱板をビスで固定します。
スタンドの完成です。



2017年9月10日日曜日

紙バンド用ホイールスタンドの製作 Part2

寸切りボルトをカットします。
クロス板用が6mm、4本、支持棒の10mmが1本
今回のカットは、グラインダー+スタンドで行いをます。

クロス板の片側に6mmの爪付きナット板を挟んで6角ナットで固定します。
塩ビ管を100mmでカットして
リール部分が完成しました。

組み立ては、ガイド棒がある板をクロスにして
棒に塩ビパイプを入れて
 紙バンドを入れて
 板1枚のせて
 もう1枚のせて
 ワッシャーを入れて
蝶ナットで絞めれば
ホイール部分の組み立てが完了です。



----------------------------